HomeSitemap

王になった獺(カワウソ)の子

カワウソ Photo by Tambako the Jaguar

 ベトナム丁朝建国者、丁部領(924年〜979年)についての伝承。

 丁公著(ベトナム後楊朝の将軍)の妾が、華閭洞という所にある深い池のほとりで洗濯をしていた。そこへ1匹の大きな獺(カワウソ)が現われ、妾と交わった。

 やがて妾は1人の男児を産んだ。その子の父親がカワウソであることを妾は秘密にしていたので、丁公著は自分の子と信じて可愛がった。

 やがて丁公著が死に、カワウソが村を訪ねたが、村人に捕らえられ、煮られて骨だけを残して食べられてしまった。妾はカワウソの骨を集めて、子にこれが父親であることを教えた。

 その子は成長して丁部領と名乗り、ベトナムを統一してベトナム丁朝を建国し、後世には丁先皇と尊称された。

◆ 参考文献

大林太良・伊藤清司・吉田敦彦・松村一男 編『世界神話事典』角川書店

動物いろいろ