HomeSitemap

狼に守られた藤原忠衡

狼 Photo by Tambako the Jaguar

 奥州平泉の藤原秀衡(ふじわらのひでひら)が、妻が身籠ったお礼に熊野参詣した。秀衡はその旅に妻を伴う。

 熊野本宮に参る途中、滝尻で、妻はにわかに産気づき、出産。
 赤子を連れては熊野詣はできないと、その夜、夢枕に立った熊野権現のお告げにより、滝尻の裏山にある乳岩という岩屋に赤子を残して旅を続けた。

 子は、山の狼に守られ、岩から滴り落ちる乳を飲んで、両親が帰ってくるまで無事に育っていた。
 この子が後の泉三朗忠衡(いずみさぶろうただひら)である。

 この熊野権現の霊験に感動した秀衡は、滝尻の地に七堂伽藍を建立し、諸経や武具を堂中に納めたという。

◆ 参考文献・参考サイト

南方熊楠『十二支考〈上〉』岩波文庫

南方熊楠のキャラメル箱
 南方熊楠の随筆:狼が人の子を育つること

み熊野ねっと
 熊野の説話:滝尻王子、藤原秀衡の子捨て

動物いろいろ