HomeSitemap

蛇は籠を選び

蛇 Photo by vladeb

 タンザニア、イッサンス族の神話。

 太陽と月がそれぞれ壷と籠を持って地上を訪れた。太陽と月は地上の生き物すべてを招集して、壷か籠かどちらかを選んで地面に投げるように命じた。

 人間の女は壷を選んで投げた。蛇は籠を選んで投げた。壷は壊れ、籠は壊れなかった。

 こうして人間は死ぬようになり、蛇は年をとっても脱皮して若返ることとなった。

◆ 参考文献

大林太良・伊藤清司・吉田敦彦・松村一男 編『世界神話事典』角川書店

動物いろいろ